オリーブオイルに含まれるヒドロキシチロソールは高齢期間のエピソード記憶に効果

エキストラバージンオリーブオイルの成分であるヒドロキシチロソールの
生体内における抗老化神経細胞の役割は、
特に高齢において有益な効果が出ていると発表されている。


(研究本文)

哺乳類の脳、特に海馬では、生涯にわたり新しい神経細胞が生成される。
神経発生と呼ばれるこのプロセスは、エピソード記憶の形成に不可欠である。
新しい海馬神経細胞は幹細胞から生成され、加齢期間に漸進的な減少があるが、
これはエピソード記憶の劇的な減少の起源とされている。 
エキストラバージンオリーブオイルに自然に存在しているヒドロキシチロソールは、
細胞内で強力な抗酸化および保護の特性を有し、
食事を含むいくつかの要因にて成人の神経発生を刺激できることがわかっている。

老化マウスにおいて、ヒドロキシチロソールが神経老化のプロセスを逆転させるかの
実験を行った。

ヒドロキシチロソールを1ヶ月間経口摂取させたところ、成人と高齢マウスの両方で
この期間中に生成された新しい神経細胞が生き続け、その生成された神経細胞は
幹細胞の増殖も刺激した。 
抗酸化活性であるヒドロキシチロソールは、神経細胞をきれいにすることができ、
細胞内の残骸蓄積であるリポフスチンなどのいくつかの老化マーカーの減少にもつながる。

神経活動マーカー(c-fos)によって、高齢マウスで過剰に生産された新しい神経細胞が
実際に神経回路に挿入されていることを確認した(=ヒドロキシチロソールの効果が、
海馬の機能性の増加につながった)。
研究期間中に毎日服用させた用量は、人が食事やサプリメントで摂取できる量(約500mg/日/人)
に相当するが、ヒドロキシチロソールの摂取については、
オリーブオイル等機能性食品を摂取した場合、さらに効果的だとしている。

この研究により、ヒドロキシチロソール摂取は、加齢中の神経発生低下に
対抗することを示した。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

creapasion

Author:creapasion
2008年にアンダルシア州ハエン大学のバージン・オリーブオイルにおけるエキスパート・コースにて栽培から採油、テイスティングについて勉強しました。
現在は、自治体や企業のオリーブに関連するコンサルティング、エキストラバージンオリーブオイルの国際品評会の審査員、オリーブ栽培とオリーブオイル製造、テイスティングについてのコース開催、講演、オイルブレンド製作等、スペインのオリーブとオリーブオイルの世界にて従事させていただいています。

https://www.creapasion.com/

このブログでは、個人の商業活動に関係ない視点で、オリーブオイル世界一の生産国であるスペインより最新のオリーブ栽培とオリーブオイル製造、テイスティング等についての情報をお送りします。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR